【就活対策】 面接で失敗しない為に!TOP > 就活対策! > 浪人、留年、高校中退では、大企業への就職は不利?

浪人、留年、高校中退では、大企業への就職は不利なのか?

就職を考えているなら中小企業より大企業の方が福利厚生や給料の面でも
違います。

当然、大企業の方が優遇されますから、大企業の就職を希望する方が
多いでしょう。

もちろん、新卒の方が内定を貰いやすいのは事実ですが、中退された方や
留年した方と言うのは、大企業に入ることは難しいのでしょうか?


浪人、留年、高校中退では、大企業への就職は不利?

中退や留年、浪人の場合ではいずれも年齢的には現役に比べると、
若干ハンデがあると言わざるを得ないでしょう。

でも、それはあくまでも年齢だけの問題です。

先ず、浪人は不利になるのでしょうか?

実際には、浪人していた場合でも、あまり理由を問わないことが多いようです。

大企業に就職する為には、偏差値の高い名門大学を卒業していることは
有利です。

ところが、そもそも、そのような大学に現役で合格することは難しいです。

レベルを下げて現役で受かった大学から大企業に就活するよりも、
1年頑張って望みの大学に合格してから就活した方が合格しやすい場合も
あると思います。

浪人してでもがんばる意味があると言うのは、大企業側も分かっています。

1年や2年程度の浪人期間はあまり問題にはならないでしょう。

次に、留年の場合はどうか?

留年ですが、これは浪人と違って、大学に受かった後の事になりますので、
どうして留年したのかが問題になってくるでしょう。

しかし、明確な理由があるなら、それがハンデになることはありません。

例えば・・・

・病気で入院中だった

・海外に留学していた


など。

企業側が納得できる理由があるなら問題にはならないと思います。

では、高校を中退している場合はどうか?

高校中退して大企業に就活している場合では、別の高校に入学し直すか、
高等学校卒業程度認定試験(旧大検)をパスしなければ難しいでしょう。

もちろん、誰が聞いても納得できるような理由があるのであれば、
それほど不利にはならないかもしれませんね。

しかし、意味がないと思われる理由での浪人や留年、また、高校中退は
不利になることを覚えておきましょう。




「留年、浪人、中退では、大企業への就職は不利」いかがでしたか!

人によっては、留年や浪人、そして高校中退もあるわけですが、
ちゃんとした理由がある場合では、それほど気にしなくてもいいでしょう。

しかし、不利だからと言って諦めてはいけません。

何事にも積極性があることをアピールすることが大事ですので悲観的に
ならないようにしましょう。