【就活対策】 面接で失敗しない為に!TOP > 就活対策! > 筆記試験で失敗しない為に!

筆記試験で失敗しない為には?

大企業へ就職したければ、就活対策としては、何をすればいいのでしょうか?

もちろん、面接は、大企業でなくてもどこの会社でも行いますよね。

面接の他には筆記試験があります。

ですので、就活対策としては、一般常識などは最低限必要になってくるでしょう。

では、筆記試験で失敗しないようにするにはどうすればいいか?


筆記試験で失敗しない為に!

今では、面接を行う前に筆記試験を課す企業も多いです。

特に大企業ともなると、応募者数も多くなりますので、

書類選考→筆記試験→面接

このように順を追って採用者を絞っていくのが普通です。

では、筆記試験で失敗ないようにする為にはどうすればいいか?

先ず、筆記試験の内容ですが・・・

・適性検査
・一般常識
・作文(小論文)


これらが一般的です。

企業によっては、この3種類すべて実施する場合もあれば、
適性検査だけであったり、作文だけの場合もあるでしょう。

ですので、筆記試験で失敗しないようにする為には、日頃から対策を練り
勉強を行うしかありません。

また、適性検査に関してですが、こちらは、対策の為の本と言うのが
販売されていますので、日頃から練習しておくことで、点数を上げることが
できるようになるでしょう。

一般常識問題に関しましても、書店で売られている問題集などを使い、
充分に勉強しておくのがいいでしょう。

先ずは、志望する企業が過去にどのような問題を出しているか、
情報収集しておくのも就活対策です。

他にも、日頃から新聞を読んでおくといいと思います。

そうすれば時事問題に強くなります。

作文(小論文)に関してですが、おそらくテーマを与えられて、
一定の制限時間に一定の文字数で書くことになるでしょう。

ですので、一定の時間に決められた文字数で書くということを
練習しておくようにしましょう。

簡単に思うかもしれませんが、決められた時間に要点をまとめて
書くと言うのは難しいものです。

しかし、このような場合は予め充分に対策を取っていれば、
慌てずに落ち着いて筆記試験を受けることが出来るでしょう。




「筆記試験で失敗しない為に!」いかがでしたか!

筆記試験の対策と言っても特別、難しいと言うわけではありません。

もちろん、一般常識が判っている方の場合です。

もし、筆記試験に不安があるようなら、一般常識を勉強するなり、
適性検査の評価が良くなるように練習したりする必要があるでしょう。