【就活対策】 面接で失敗しない為に!TOP > 就活対策! > 就活と学歴について!

就活と学歴について!

大企業に就職をしたいなんて方は多くいますが、実際問題として、
どの程度の学歴があれば、就職する時に有利になるのでしょうか?

今回は、学歴はどの程度大切なのかどうかについて解説していますので、
参考にしてみてくださいね。


就活と学歴には・・・

大企業に就職活動する場合、学歴は大切なのでしょうか?

人柄と実力、そして、やる気があれば、学歴なんて必要無いと聞いたことが
あります。

ですが、それは綺麗事にすぎない場合が多いでしょうね。

もちろん、そういう企業もないわけではありませんが、しかし、一般的には、
就職活動をする上では、学歴は無いより有った方が有利でしょう。

大企業ならなお更、このイメージは強いですよね?

先ず、一般的に考えてみても、書類選考の時点で高学歴の方が当然有利に
決まっていますよね。

書類しか見ていない企業側にとっても、学歴は本人を知るための重要な
情報になるでしょう。

高学歴なら、それだけ目に止まりやすいでしょうし、書類選考が
通ったかと言っても必ずしも採用されるわけではありませんけど、
有利であることは間違いないでしょう。

高学歴な人材を雇っている大企業の中には、出身大学によって就職枠が
決まっている場合もあるようです。

でも、大企業には元々高学歴な人が多く応募する傾向があると言うのも事実です。

高学歴の人が多く集まりますので、必然的に高学歴の人の採用率が
高くなってしまうのでしょう。

ですので、大企業に就職するには、やはり、学歴は大切と言えるでしょう。

しかし、大企業には、部門や職種がたくさんあります。

中には、学歴は二の次で選考している部門や職種もありますので、
高学歴でないなら、そのようなところを狙ってみるのがいいでしょう。




「就活と学歴」いかがでしたか!

通常、大企業に就職する場合、以上のように高学歴の方が有利だという事を
覚えておきましょう。

また、就職する場合、自分に向いているかどうかもチェックするポイントなので、
目標を大企業だけに絞らず、自分が出来そうな仕事かどうかも始めに考えて
おくようにしましょう。