【就活対策】 面接で失敗しない為に!TOP > 就活対策! > 役員面接について!

役員面接について!

就職では、やはり面接が大事ですので、そこで失敗してはいけません。

そこで、今回は、面接は面接でも役員面接について解説してみたいと
思います。

大企業へ就職を希望している方は、ぜひ参考にしてみてください。


役員面接でのポイントは?

就職活動で面接が得意な人と言うのは、あまりいないでしょう。

筆記試験は自信があっても、面接はどうも苦手という人が多いみたいですね。

特に大企業の場合ですと、緊張もしますよね。

自分の第一希望に近ければ近いだけ、緊張度合いが高まるでしょう。

また、大企業になればなるほど、第一次面接から最終面接までに、面接が何度も
行われる事が多くて、特に最終面接となる役員面接では、緊張しない方が
無理かもしれませんね。

一般的には、一時面接から徐々にふるい落とされますので、最終面接である
役員面接までくれば、ほぼ決まったも同然と言う企業も多いようです。

最終面接・役員面接とは言うものの、最終的な合意確認だけという場合も
結構、多いみたいですね。

ですので、転職活動などのアドバイスを行うコンサルタントによると、
「役員面接まで行けば受かったのも同然」と緊張しないで、前向きに望めるよう
励ますのだそうです。

ところが、意外にも、その最終面接で落とされる場合もあると言われます。

役員面接は、これまで通過してきた面接とは違って、フランクでリラックスした
雰囲気の中、行われる企業も多いようです。

これは、実は、ただあなたの緊張を解すだけが目的としているとは限りません。

リラックスした状態で、思わぬ失態や失言をしてしまえば、当然、
落とされてしまいますよね。

ですので、たとえ、どのような状況であっても一定の緊張感を保ちつつ、
節度を守ることだけは忘れてはいけません。

 



「役員面接でのポイント」いかがでしかた!

大企業へ就職する場合、役員面接は、ほとんど最終的な確認ぐらいですので
あまり緊張しないことですね。

役員面接まで残っているのでしたら、ここでミスはしてはいけません。

緊張するなと言っても無理な話ですので、ほどよく緊張して、失言や失態の
ないようにしましょう。