【就活対策】 面接で失敗しない為に!TOP > 就活対策! > 自己PRのポイントは?

自己PRのポイントについて!

就職活動をする上で、自己PRが下手な人より上手の人の方が有利になります。

なかなか難しい部分ではあるのですが、自己PRのポイントにはどのような
ことがあるのでしょうか?

こちらで詳しく解説していますので、現在、就活中の方は、ぜひ参考にしてみてください。


自己PRのポイントは?

元々、日本人は自己PRが下手なんて言われています。

その理由ですが、それは「謙遜」という日本独特の美徳を子供の頃から
刷り込まれている為で、何事においても「僕が・私が」と自分を押し出さず、
一歩下がって控えめに答えると言う風潮があるからなんですね。

1つの例としてよく挙げられるのが、手土産を「つまらないものですが」と言って手渡すのを海外の人は理解出来ないと言います。

「上手ですね」と言われたら、「それ程でもありません」と答え、
自分から「上手です」とは言わない。

それは日本人としての美徳の面からは、大変、素晴らしい文化の1つと言えますが、就職活動の自己PRでは、それが不利になってしまう事もあるのです。

特に、グローバル系の企業の場合では、その言葉通り「出来の悪い人」と
受け止められかねないのです。

その反面ですが、自慢話になっては心象が悪くなるという一面もありますので、
少し難しいですよね。

自己PRでは、「何が出来るか」を聞かれているようでいて、
実は目的はそれでない事のほうが多いってご存知だったでしょうか。

「○○が得意になるために、どんな努力をしたか」

または・・・

「それ以外にもこういう面で勉強になった・人間性を高められた」

といった話が求められています。

ですので、自慢出来るところだけを話すのではなく、失敗によって成長出来たと
言った話の方がむしろ良い場合もあるのです。

スポーツが得意で素晴らしい成績だった事を強調するのではなく、
スポーツで鍛えた忍耐力や仲間との協調力をより強調するのが
いいと思います。




「自己PRのポイント」いかがでしかた!

自己PRと言っても、それが下手な日本人って結構多いようです。

就職で失敗しない為にも上手に自己PR出来るようにしておくように
しましょう。

また、面接でも、緊張しないで自己PRをしっかり言えるようにするのも
ポイントです。